ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

並ぶ人々
「雪だし、今日なんか少ないかも」
「なにが?」
「お客さんよ」
「なんの?」
「このまえ言ったじゃない」
「…」
(うーん、なんのことか分からない)

「ロールケーキのおいしいお店があるの」
「ほー」
「もう、売切れかな」
「こんな天気だし、空いてるかも」
「雪はだいじょうぶかな」
「問題なし!」

ということで、やってくると…。
すでに駐車場は満杯(第三駐車場に停める)。
列の最後尾に並ぶ(とりあえず)。
あまかった、彼女らの情熱は雪をも溶かす(?)。

係りの人が来て、「最後の方で、約一時間待ちです」と。

「待つ?」
「当然!」

ということで、私は周辺を散策することにする。

3275ゆりのき台公園

このあたり新興の住宅地である。
山林を切り開いたのだろう、道路が真直ぐに走る。
近くに公園があったが、もちろん誰もいない。
無人だが、雪の上にはすでに足跡が残っている。
なんだか、可笑しくなってきた。
やっぱり、そうか。
最初に自分の足跡をつけるのは愉しいものだ。
(犯罪者でない限り)
まっさらなキャンバスに最初に絵具を塗るようなものだろうか。

うろうろと歩き回って列のところに戻ると、まだまだだ。
(しかし、この人たちすべてがケーキ好きなのか、疑問だ)
(誰かにあげる、というのもあるのだろうな)
(小さな幸せのお裾分け、なんて言うのかな)
(遠くから来てるよな、京都ナンバーなんかあったし)
(人が並んでいると食べたくなる心理って、どうなんだろうな)
(なにごとも自分で考えない現代の風潮、ちと大げさか…)
などと考えていると、並んでいる相棒がわが心を見透かすように微笑む。

で、結局食べたのかっていうと。
もちろん、ほんのすこし食べましたよ。
食べもしないで、あれこれ言うのは嫌いですから…。
感想はというと、甘さが抑えられていて、まあ食べられるな。
どうしても食べたいということはないです。

限りなく平和な日曜日でありました。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/492-533980ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー