ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

旅の夜は更けて
「なばなの里」はまだ寒かった。
しだれ梅の木も蕾がまだ堅い。
だがしかし、温室の中は別世界である。
天井から重力にともなって垂れ下がる花々が咲き誇る。
こういう世界にいると、外界のことを忘れてしまう。

3338花々

花が咲くのは花粉を受精してくれる昆虫などを惹きつけるため。
その色も虫たちが誘われるものであるのだろう。
匂いもそうだが、ヒトもなぜか引き寄せられる。
暖を求めてでもあろうが、温室内は多くの人々でにぎわっていた。

夕暮れると、園内のイルミネーションが光を放つ。
来園者の口から思わず歓声がもれる。
冴え冴えとした夜の闇に浮かぶイルミネーション。
光のトンネルはメルヘンの世界のようだ。

3345池

3348星の河

寒さに凍えたからだを園内にある温泉でほぐす。
露天風呂は夜のほうが落ち着くものだ。
かなたに光る星をと思っていたら雪が舞い降りてきた。
なんともはや、いかんともし難し。

NKさんの(今日、初対面でした)家の二階でくつろぐ。
いろんな話に花が咲いて、気がつけば午前四時過ぎ。
こうした友をもつことができるのは、なににも増しての僥倖といわねばならない。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/501-2e986206
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー