ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

「初めての真鍋島紀行」(九)
 本浦の港へと道は、うねうねと続いていた。
いささか疲れ気味のぼくたちは、だらだらと歩いた。
畑の脇をすり抜けるように歩き続けた。
やっと、道の向こう側に港が見えてきた。
 急な坂を転げるように下って、真言宗・円福寺の裏にやってきた。
このお寺へは、その後何度も大晦日の深夜におじさんを先頭にして大勢でやってきた。
その一年の煩悩を振り払うため、鐘を撞く。
お寺の鐘は、かるい乾いた音を夜の闇に響かせた。
 細い路地をたどってゆくと、本宅とぼくたちが呼ぶおじさんの家に着く。
そのころは、商売をやっていた。ぼくたちは、お菓子や見送りに使う紙テープをよく買った。
その家の奥におばあさんが住んでいた。ひっそりと暮らしているようだった。
店先でのぼくたちの騒がしいおしゃべりを、どんなふうに聞いていたのだろう。

 昔は、そこかしこの家におじいさんや、おばあさんが居て、いろんな話をしてくれたものだ。
ぼくが小さかった頃、よく行ったおばあちゃん家の思い出がよみがえる。

 おばあちゃん家へは、神戸の市電に乗って行った。
行き先は「石屋川」か「将軍通り」行きだ。
最初の頃は、母と一緒に行った。電車には三十分くらい乗っていたと思う。
慣れてくると、ひとりでも行った。小学校低学年の頃だった。
弟を連れて行ったこともあった。
 おばあちゃん家には、おばあちゃんが二人いた。
ちいちゃいおばあちゃんと、大きいおばあちゃんだ。
 玄関をはいると、細い通路が台所へと続いていた。
 ぼくの顔を見ると、おばあちゃんはよく来たねと言っていつも頭をなでた。
何度も何度もなでた。真正面から、ぼくの顔をじっと見つめた。
白い割烹着のポケットから飴をだして、ぼくの手をつつみこむようにして握らせた。
ぼくが恥ずかしそうにしていると、ニコニコと笑いながら、よしよしと頷いていた。
 二階が珍しかったので、ぼくはすぐに二階に上がってもいいかと聞いたものだ。
狭い階段をのぼって二階に上がると、すぐに通り側の窓の所に走っていった。
そこから、下の道路を見ているのが好きだった。飽きることがなかった。

 おばあちゃんはご飯を食べるとき、入れ歯がコツコツと鳴った。
ぼくは、おばあちゃんの口元を見ていた。おばあちゃんはニコニコしていた。
ぼくは何故か恥ずかしかった。
 おばあちゃんはトンカツに醤油をかけて、食べていた。
ぼくは、家ではソースをかけていた。
その頃は変だなあと思っていたぼくが、今ではそうしている。
 おばあちゃんのことを思い出すとき、いつも同時に思い出すことがある。
今でもはっきりと覚えている。
 なぞ解きだ。柱時計とかけて、なんと解く。日露戦争と解く。
そのこころはというと、カチ(徒歩)カチ(徒歩)進む。
ちいちゃいおばあちゃんがぼくに話しては、どうだ感心したかという顔をいつもした。
ぼくはなぞ解きと聞いただけで、もう答えがわかっていた。いつもおんなじ問題だからだ。
 こんな風に思い出すときは、いつもおばあちゃんのにおいも思い出す。
ちょっぴり線香のにおいも混じっている、今になってみると、懐かしいにおいだ。
 こうして知らず知らずのうちに、ぼくはぼくなりに人生を歩き始めていた。

本浦港

 本宅から少し歩くと、海端にでた。みんなは、やれやれという顔をしていた。
都会暮らしの僕たちにとっては、大変な労働だった。
 五十メートル程先に港の桟橋が見えた。
数限りない出会いと、別れが繰り広げられる舞台である。
 浮桟橋に乗って、海を覗いてみる。小さな魚が泳いでいる。
海藻がゆらゆらと水中で揺れている。
眼をあげて前方を見ると、北木島が随分遠くに感じられた。
 ここから真っすぐに五十メートル程行くと、お好み焼き屋の「一富士」があった。
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/515-06c822cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー