ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「初めての真鍋島紀行」(十)
 ここ「一富士」は名物おばちゃんで人気がある店だ。
高校生や大学生が運動クラブの帰りに、ああお腹が空いた、と立ち寄るような店だ。
一富士のおばちゃんは、話好きである。
港へ見送りに来たとき、島を歩いて疲れたとき、一富士におばちゃんの顔を見にくる。
あるいは、誰かいないかと顔をのぞかせる。
誰かしらに出くわすことが嬉しい。
ここのお好み焼きの定番には、豚肉が入っていない。
そのことに長いこと気がつかなかった。肉入は、ちょっと贅沢という感覚なのだ。
いつもお金がないぼくたちには、かえって好都合だ。
これをワイワイと騒ぎながら、食べるのが楽しい。
六、七人も入れば満員の小さなお店で、ぼくたちはおばちゃんと会話を食べるのだ。
おばちゃんのファンになる者も多い。
「よう来たねえ」の一言が聞きたい。
おばちゃんの底抜けに明るい笑顔が好きだ。
ひとりでこの島に来たのに、ついふらふらとこの店に足が向いてしまう。
ぼくたちは、やはり淋しいのだろうか。
自分は話さなくとも、人が話すのを聞いているだけでこころ安らかになれる。
ひとときの安息の場所、それは決して静かな場所を意味しない。
都会の喧噪とは意味するところのちがう騒がしさが、ここ「一富士」にあった。
おばちゃんは、時として、若い頃の話をした。
大阪に居たらしい。なんとはない想い出を語るおばちゃんは、いつもと違って見えた。
遠い昔を思い出すように、話した。しんみりとした口調で、話した。
しばらくして、気がついたように笑うと、いつもの賑やかな空気に帰っていった。

 港から左手へ少し歩くと、Yさんの家がある。
職業は、勿論漁師である。玄関先に座り込んで、長い時間ぼけっとしていた。
あまり話をした記憶もない。黙っていても、落ち着けた。
土間の棚の上に、干からびたタツノオトシゴが転がっていたことを憶えている。
ときおり、ビールなどもご馳走になった。真鍋島産の味付けのりが、おつまみだった。
「ほうこう丸」をYさんが自らの手で作っている頃には、よく眺めていた。
ぼくはただ羨ましく見つめていた。
でき上がりつつある船を、Yさんは目を細めて見ていた。
頬は赤銅色に日焼けしていた。

真鍋

 開けるのにちょっとしたコツがいる台所への戸を、そっと開ける。
この台所にいると、いつも不思議な空気を感じたものだ。
東京の会社を辞めてここに来たという女性に出会ったりした。

「家でも、よく手伝ったりするんですか」
「いいえ、ほとんど手伝わないんですよ。そう言われてみると、おかしいですね」
 家庭では、家事などやったことのない人が、ここではてきぱきと立ち働く。
いや、家庭でしないからこそ、逆に張り切ってやるのだろうか。
新鮮に感じることができるのだろうか。
「食事を作ったりするのが、好きというのか、楽しいんですか」
「食事作りが楽しいというより、みんなの中にいる、と思えることが嬉しいんです。
たとえ自分が話していなくても、仕事をしていれば、
耳からはいろいろ楽しい話が聞こえてきますから。
おばさんの声や、おじさんの声が聞こえているだけで、落ち着いた気持ちになれるんです」
「でも、宿泊者の多いときは、一日中台所仕事でしょ。
辛いなあと思うことは、ないんですか」
「どんな仕事でも大変なことはあるでしょ。
でも、それ以上に楽しいことも多いんですよ。
会社では得られないこころの安堵感というんでしょうか。
とにかく、とても気分がいいんです。
おじさん、おばさんをはじめ皆いい人ばかりですしね。
それに、愉快な人が多いんです。
自分では冗談なんかうまく言えないんですけど、いつのまにか私が笑っているんです。
後で、笑ったのって久し振りだなあとか思うと、
とても自分がいとおしいというか、好きになれるんです。
本当は、自分のことってあまり好きじゃなかったんですよね。
そんなことで、自分が嫌になって……
この台所で働いていると自分が何かの役に立っているんだと思えるし、元気がでてくるんです」
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/516-7322df04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー