ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

無泊旅行
M島の四十周年に、S氏は昼前にやってきて午後に帰っていった。
島での滞在時間は、三時間ほどだったろうか。
A氏にひと目会いたいと、早朝の新幹線でやってきたのだ。
念願かなって感無量、満面の笑顔であった。

そんなほのぼのした光景をながめていて、昔のことを思い出した。
もう三十年以上も前のことだが、同じM島での出来事だった。

ゴールデンウィークで、島には多くの若者がやってきていた。
五月晴れですがすがしい朝のことだ。

ひとりの女性がユースの玄関に現われた。
まさかこんなに早くやってくる人がいるとは思わなかったので驚いた。
笠岡から朝一便が着いたばかりの時間帯だったのだ。

F0011真鍋港

「おはようございます、こんなに早く来てごめんなさい」
「いえ、かまわないですけどどこから来られました」
「東京です」
「えっ、東京って…」
「昨日の夜、東京を発ったんですのよ」
「なるほど夜行列車ですか、疲れたでしょう」
「ちっとも、これて嬉しかった」

そう言って、つましく笑った。
みんなで写真を撮ろうというときも、長い髪で顔を隠すようにした。
恥ずかしそうで口数もすくなく、いつのまにかぼくと話すことが多くなっていった。

旅慣れた様子でもなかったので、これからどうするのか聞いた。
夕方まで島にいて、今日ふたたび東京に帰るという。
家が厳しくて泊りがけの旅行はなかなか許してくれないのだと言う。
これって、泊まらない旅行ということになるのだろうか…。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/535-d9094717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー