ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

昼時に俳句
昼は事務所の机で弁当をひろげる。
お茶はティーバッグで、湯沸室の電動ポットからお湯をいれる。
この個別パッケージに俳句が印刷されている。

そこへゆく道すがら(といって10mほど)、パッケージの俳句を読む。
なかなかに新鮮でいい感じだ。

 雛あられ かごいっぱいの 銀河なり

     第九回、文部大臣賞 藤森雅彦さん

いいなあ、カラフルなあられが目に浮かぶ。
着色料は身体に悪い、などと野暮なことはいわない。
ほかにもいろいろ悪いものがあるだろうが、とつい。

しかし、男ばかりの兄弟だったのでいまひとつ情景不鮮明なり。
遠くから眺めた憧れのような畏れのような感情を思いだす。

 目白鳴く 祖父窓ぎわに 長く立つ

     第十四回、中学生の部大賞 望月希有子さん

おとなしいようだけど、芯のしっかりした娘という気がする。
おじいちゃんのことが好きであり、尊敬もしているんでしょう。

こんな俳句に接すると、一日いい気分でいられる。

0019警戒する猫
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/556-a5893406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー