ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

難解の海
本を読んでいて思うのは、なにが言いたいのかまるでわからない文章は困る。
一文のなかで逆接を多用するのも、奇特なインテリ趣味のようで読みづらい。
こんな本に若いときに出会ったりしたら、それこそ災難である。
自分の頭が悪くて理解できないのではと考えて悩む人がいるかもしれない。
学生時代のリポートにこういう類のものが多かったように思う。
なにかを主張したいのではなく、ただ書かなければならないという至上命題がある。
教授ならば、論文の数(内容はともかくとして、らしい)が実績になるのだとか。
であるから、学生と同じようにあっちからこっちからと文章を抜きだしくっつける。
原稿用紙が埋まればそれでよし、難解なほどありがたみが増す(?)というのだろうか。

「慰安婦と戦場の性」 秦郁彦 新潮選書 ★★★★
なかなかのにむずかしい問題であるし、本自体も分厚くずっしりと重い。
こういう本の場合、まず索引があるのかどうかを確かめる。
ちゃんとしたものには必ずあるし、それが読むときにとても役に立つのである。
『「売春は世界最古の職業」とは、言い古された金言だが、軍隊用の慰安婦も同様だった。』
では、慰安婦の目的はなんなのかということがわかっていなければならない。
まず、兵隊の性問題を放置することによる性病感染による著しい戦力低下がある。
そして強姦等の風紀の乱れは現地人の反感を買い戦略的にも得策ではない。
これをを抑制するために、従軍慰安婦が必要になるということであるらしい。
慰安婦のおかげで、民間の女性が守られたということは事実でもある。
ある意味、戦場での慰安婦は必要悪でもあったのだろうか。
一部のフェミニストが声高に反対することで問題は解決するわけではない。
(解決しないことを知ってるからこそ、安心して大声で反対できるのかもしれない)
(つまりは、解決しないのであるからその反対の立場はいつまでも安泰であるのだ)

「ぼくが最後のクレーマー」 関根眞一 中公新書ラクレ ★★★
百貨店の「お客様相談室」で長く苦情の担当をしていた経験をもつ筆者である。
『苦情はえてして「言いたくないもの」です。
言わなくてすむのなら、言わないでおきたい、
だが、言わなくては気がすまない、だから言ってしまう。
これが苦情なのです。』
確かに我慢している人は多いと思うが、いまは耐えることはけっしてほめられたことではない。
それを反映してか、世のなかにはクレーマーが増えていることも事実のようだ。
『苦情が発生する業種はなにかというと、需要が供給を上回っている業種です。』
この考察は長年の経験から割りだしたものだろうが、なかなかに鋭い。
そういわれると、モンスターペアレントと少子化はどうも関係がありそうだ。
医療分野においても、過当競争の世界はクレーマーが増えていくことだろう。

「神の獲物」 C.J.ボックス 講談社文庫 ★★★
山中でワイオミング州猟区管理官のジョー・ピケットはムースの死骸を発見する。
銃で撃たれた形跡はなく、その皮膚は外科手術のように切りとられていた。
続いて、牛が犠牲になり、人間も同じような姿で死んでいるのが発見される。
これは殺人なのか、エイリアンの仕業なのか、住民はパニックに襲われる。
保安官、FBI捜査官とともに事件の解決へとジョーはのりだした。
最後の解決はちょっと期待はずれではありました。
ミステリならかならずその理由は解きほぐされるのだが、現実はそうもいかないことがある。
だから、超能力、霊能者、などなどの存在する余地があるのだろうか。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント
いつも見てます
ちょくちょく遊びに来ます。継続して日記凄いですね。僕も頑張ります。ここのところ寒くなってきたので風邪などに気をつけて下さい。またよらせて頂きます。
【2008/11/11 13:07】 URL | 暁生 #- [ 編集]


☆暁生さん、寒くなってきましたね。

お互いに風邪に負けないように頑張りましょう。
継続は力なり、しか。
【2008/11/11 22:16】 URL | ムッシュ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/620-d8f7bfb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー