ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

趣味的生活
日々の生活に追われるように生きる、などと形容することがある。
さしずめ小生などは読書に急かされるように読んでいるのだろうか、と思ったりする。
なにかを調べるために読むなどということはないのだが、それは苦しいことだろう。
最初は好きではじめたことなのに、いつしかそれが職業になってしまうことがある。
「ご趣味が、ご職業とはけっこうなことですな」とはよく聞くセリフである。
それでは趣味でなくなっている、ということがこの御仁には解っていないのである。

「天下之記者―「奇人」山田一郎とその時代」 高島俊男 文春新書 ★★★
山田一郎ときいて、どういう人物か知っているひとはすくないかもしれない。
ぼくも役所の記入例にでもでてきそうな名前だなと思ったくらいである。
明治の初め、脱亜入欧と西欧の知識、文物が怒涛のように流れ込んできた。
そんな時代を生きた彼は名代の奇人といわれていたが、憎めない性格でもあったようだ。
ちなみに、友人たちが早稲田大学図書館に「山田一郎記念図書」を残している。
当時の教育(高等教育)はすべて外国語で行われていたということは知っている。
いまでもフィリピンやインドではそんな状態が続いているのだろうか。
であるから、当時の官僚たちは自伝を英語で書いたのである。
今の人はすごいと思うかもしれないが、英語でしか書けなかったというのが実情である。
そんなことを考えてみると、現在の英語熱というのはいったいなんなのだろう。
と考える人もいることは、ご理解いただけるのではないかと思う由也。
バイリンガルの弊害も知らなくてはいけない。
そういえば同時通訳者にバイリンガルだという人はいないようだ。

「脳を活かす勉強法」 茂木健一郎 PHP研究所 ★★★
茂木さんの経験的学習法を紹介しています。
なかでも、これはそうだなと思ったことがふたつありました。
まず、「細切れ勉強法」というもの。
どうしても構えてしまうと、なかなか勉強はできないものです。
ぼくの経験からいっても、たしかにそういうことは言えると思います。
読書などほんの二三分の列車待ちの時間でもすればできるものです。
それと二つめは、朝の時間を重視するということです。
『眠っているあいだに記憶が整理されていますから、脳がクリアな状態になっています。
そのため、朝はもっとも脳がパワーを発揮しやすい時間帯―
つまり「脳のゴールデンタイム」なのです。』
これから、朝の時間を意識的に活用したいものです。
ということは、休みの日の朝寝はやっぱり駄目か…。

「14歳の君へ どう考えどう生きるか」 池田晶子 毎日新聞社 ★★★★
人はときに、若いからと真実を語らない理由をあげたりする。
年齢を重ねればそれだけで賢くなってゆくというような錯覚にはまりこんでいる。
いくつだって本当のことを知っていなければ、それに対処することはできない。
『死ぬのが嫌で、いつまでも生きていたいと思う人間の欲望が、
こうして不気味な世界を作り出すことになる。
死ぬという自然を、自然として受け容れてこなかった結果なんだ。
むろん命は大事なものだ。
だけど命が大事なものなのは、死ぬということがあるからだ。
人間は必ず死ぬものだからこそ、生きていることが大事なことになるんだ。
死ぬということがなくて、いつまでも生きているという命、
いくらでも作り出せるような命が、どうして大事なものであり得るだろうか。
命が大事で、いつまでも生きていたいという不自然な欲望をもったがために、
逆に命が大事なものでなくなってしまうんだから、本当に皮肉なことだ。』
逆に若いからこそ真剣に考えうる、ということがあるのかもしれないな。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/627-747c4086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー