ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

八重山彷徨
与那国から飛行機で石垣島に渡る。
空港から離島桟橋近くのバスターミナルまでゆく。

三年前とはちがって桟橋の位置が変わっていた。
きれいなターミナルビルができているのである。

旅の形態もいろいろとある。
若いころなら断然ひとり旅だった。
「独り旅」などとかっこうつける者もいた。
そんな奴にかぎって、すぐに話しかけてきたりした。

人はひとりでは生きてゆけない、のはわかっている。
だが、ひとりでいたいときもあるのだ。
それがわからない奴が、そうじてひとり旅云々という。
勝手に云ってろ、という感じだった。

0274小舟

0277川平湾

島にはいつもやってきて浜辺で寝転んでいる人がいた。
静かに微笑んでいるだけで、また街に帰ってゆく。
あの人はどうしたんだろう、といまでもときおり思いだすのである。

こうしているいまも、浪の音が聞こえてくる。
寄せては返す波を見つめながら彼はなにを考えていたのだろうか。
なにかを感じていたのだろうか。

0360底地ビーチ

そんななにかを思わせるのが島旅なのか。
すこし、かっこうつけすぎである、とは承知しているのだが、
なぜか今夜はそんな気分でいる。

0387展望台より
スポンサーサイト

テーマ:旅先での風景 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/644-5700e9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー