ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

「魔法のポケット」
前にも書いたけど、東京方面へでかけたときのパーティでいただきました。
春の気配にすこしゆるんだ瀬戸内の風を感じながら、いろんなこと想ったり、
ちいさく笑ったりしながら、しあわせな気分で読ませていただきました。
つぐみちゃん(この呼称で統一したいと思います)、ありがとう。


「魔法のポケット」 Tsugumi Burns 文芸社

読む前に著者と話しているので、その印象などもすこし。
まあ、ビール飲みながら、「たこやき」つまみつつの会話でしたから…。
いつでも思うのですが、人は第一印象でまずおおむね決まります。
(もちろん、なににも例外条項というのはありますが)

人となりなど初対面でほぼわかる、と豪語する人がいます。
そういう人物に限って、よく頓珍漢な反応をしたりしていて微笑ましい。

ではまず、つぐみちゃんは大人物である(笑)。
とにかくビールがすきなんだ、とよくわかるくらいぐいぐいと飲む。
その飲みっぷりは爽快であり、壮快にも感じられる。
それだけで、大人物決定なのである。
なんか文句があるなら、かかってきなさい、というような。
でありながら、繊細で神経がこまやかで、たぶんおしとやかなのだろう。
植物でいうならば、ひまわり(平凡な喩えで申し訳ないが)なのだ。
本人はカスミソウでありたいと思っていようが思うまいが、そうなのである。

本書は彼女のブログが書籍化されたものである。
ブログのほうもご覧あれ

日本とイギリスでは文化も宗教も、世間の考え方、マナーもちがう。
だが、ちがうけれども同じヒトであることに変わりはない。
そんななかで、なにを見るかでずいぶんと付き合いもちがってくるのだ。
ちがうことは驚きを与えてくれるのだし、新鮮な気分もいっしょにつれてきてくれる。

男は食べものに弱い。
加えてお母さんには無条件に愛着を感じてしまう。
そのお母さんは食事の用意をしてくれる。
よって、料理が上手でお母さんのようにやさしい女性にはころりとまいる。
なんて図式が、世間にはあるのかどうか知らないが、ありそうだ。

そんな強い絆で結ばれているのですね。
愛などといわないで、愛ゆえの行為(それが料理だ)で結ばれているといえるだろう。
すこし強引な結論ではあるが、ヒトは食べずには生きてゆけない。
(愛なくして生きれるかどうかは、この際考慮外とする)

英語表現と日本語のちがい、また同じことなど楽しいかぎりです。
そんな日々が発見に満ちみちているバーンズ家の楽しい声が聞こえてくる。
そんなしあわせが感じられる本であります。
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント
ありがとう
ネットサーフィンして偶然このブログ見つけました。
あまりほめてあるので恥ずかしい限りです。

タタンの記事も読みました。
真鍋からのつながりすごいですね。
【2010/10/15 19:05】 URL | Tsugumi #o6.nH2Qo [ 編集]

お店頑張ってますね
☆Tsugumiさんお元気ですか。

あなたのブログもときどきのぞかせてもらってます。
なかなかコメントすることができないですが…。

いちど秩父のお店もお邪魔したいですね。

うん十年ぐらい前に秩父YHに泊まったことあります。
ずいぶんと様変わりしているんでしょうね。

ご主人と仲良くパブ頑張ってください。
【2010/10/15 22:43】 URL | ムッシュ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/664-37ade42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー