ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

高等無形
ときとして、どうしてこんなことを人は信じるのだろうかというような場面にでくわす。
だれでも日常慣れ親しんでいることがらにはそれなりの一家言をもっていたりするものだ。
だからか、だれもがあまり経験したことがないようなことについては逆にあっさりと納得してしまう。
論理が論理の体をなしていないものでも疑われることがなかったりする。
その背後に権威やそれをにおわせるような存在が見えかくれするようになっていたり。
まさしく荒唐無稽なのだが、そのときは集団催眠にかかったかのようで気づかないのである。

4892投影

「ぼくの歩いた東南アジア」 村井吉敬 コモンズ ★★★★
「エビと日本人」(岩波新書)でおなじみでもあります。
東南アジアを歩いたフィールドワークの写真がふんだんに掲載されていて愉しい。
しかし、その写真も見方を変えるともの哀しくもなるから複雑である。
『いちば(市場)がいちばん面白い。どこの国のどこの町でも、いちばを見に行く。』
もちろん、なにかを買うためにというのが目的ではない。
そこには人々の日々の暮らしのありようがつつみかくさずにあらわれているからだ。
この文章を読んだだけでも筆者がアジアを肌で感じようとしていたことがわかるだろう。
だから旅行者だとあなどられてぼられたなどと嘆いてはいけないのである。
『金持ちから多くとるという値段の交渉は、ある意味で「民主的」である。
ただし、交渉を楽しむ心の余裕と、吹っかけられて高値で買っても動じない、
そんな気持ちの余裕がないと、疲れる。チップもケチってはいけない。』
こう達観できれば、アジアの旅はもっと愉しくなるのかもしれません。

「夜明けのフロスト」 R・D・ウィングフィールド他 光文社文庫 ★★★
七編のクリスマス・ストーリーが集められたものである。
執筆陣は、エドワード・D・ホック、ナンシー・ピカード、ダグ・アリン、レジナルド・ヒル、
マーシャ・マラー&ビル・ピロンジーニ夫妻とR・D・ウィングフィールドという豪華メンバーだ。
ではあるが、やっぱり最後のフロスト警部ものがいちばん楽しく読めた。
それぞれが短編だからだろうか、余計に魅力の差がつくようだ。
フロストとマレット署長の確執というか、かけあいのおかしさは他の追随をゆるさない。
フロストものを読んだ後では、他のミステリがなぜかきれいごとに思えてくる。
そんな副作用(?)があることはあるが、やっぱり読みたくなる魅力は群を抜いている。

「大人は愉しい メル友おじさん交換日記」 内田樹/鈴木晶 冬弓舎 ★★★★
おたがいに大学教授でありながら接点がなかったのだが、ブログで出会う。
もちろん出版を意識してのことであるのだが、やはり内田先生の言には耳を傾けてしまう。
いろいろと意見を交換しているのだが、そのなかでネットと書物の関係についてのこんな分析。
世間ではその評価、批判が両極端だなあ、とはいつも思っていたのである。
『(内田)書物は知への「シーケンシャル・アクセス」のツールであり、
パソコンは知への「ランダム・アクセス」のためのツールです。
この二つには、構成的には「小説」と「百科事典」くらいに違います。
「小説」にキーワード検索をかけて読む人はいませんし、
限定的な情報を求めて「百科事典」を「あ」から読む人はいません。
「百科事典的」な多様で広範囲な情報を要する学術研究では、インターネットが有効でしょうし、
一人の人間の頭脳の中に構築された「思考の伽藍」を取り扱う場合は、
書物の方が有効であると私は思います。
それぞれの適性にあったツールの使い方を学生たちは学んでゆけばよい、と私は思います。』
よく議論のおこるところであるが、どちらが正とは考えないで利点を柔軟につかえばいい。
なんとかとなんとかは使いよう、と言うではないですか。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/735-2c313894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー