ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

夜の蝶
いつもどうだったかと思うことに、蛾と蝶のちがいというのがある。
とまるときに羽根をひらいたままにするのが蛾で、ぴたりと閉じるのが蝶だといったりした。
ほんとうのところはどうなんだろうと考えながらそのままにしていた。

日高先生のエッセイ集を読んでいたら、そんな箇所があった。
そうそう、昆虫がご専門でした。

『ガとチョウは、形態の上で本質的には全くちがわない。
ちがいはチョウが昼間活動し、ガが夜に活動するということだ。
ところが、夜の生きものであるガの中には、その本来の姿から転向して昼に飛ぶようになった、
いわば「昼のガ」がかなりたくさんいる。
ウスバツバメを含むマダラガの仲間は、すべて昼のガである。
昼のガの多くは、とてもガとは思えぬくらい派手で、チョウのように見えるのがおもしろい。
ついでにいっておくが、もともと昼に活動するチョウたちの中で、
もっぱら夜に飛ぶようになったものはいない。
つまり、「夜のチョウ」なるものは人間の世界にしかいないということである。』

   「春の数えかた」 日高敏隆著 新潮社刊より

1665アゲハチョウ

比喩としても、「夜の蝶」とはいうが「昼の蛾」とはいわない。
しかし、これが蛾なのかというようなものもいる。
蛾というと、どうしても「モスラ」のイメージが強いせいだろうか。

結局はチョウとガのちがいは、はっきりしないというよりないのだ。
世界中の国でチョウとガが区別されているかというとそうでもないらしい。
雨でも梅雨、時雨、五月雨などと日本ではよんだりする。
かと思うと、極北の人々は雪にも種別ごとの名前があるときく。
なにをもって分類の基準とするかは恣意的といわざるをえないのだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/751-30b37a9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー