ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

穴井のみかん
さきほどの事務所のところへくると、着替えた男性がまっていた。

「穴井は座敷雛で有名ですが、ご存知ですか」
「見にきたことありますよ」(と、Hちゃんがいう)
「それと、みかんでも有名なんですよ」
「そうですか、段々畑に鈴なりをながめてきました」
「なにかのご縁です、おもちになってください」
「どうもありがとうございます」

そういって彼はダンボール箱を組み立てはじめた。
えっ、どういうことなのだろう。
ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつと組みあがった。
コンテナボックスに収穫されていたみかんがどっと箱へうつる。
これって、と思うまもなく。
はいどうぞ、と笑顔でおっしゃる。
ぼくたちが車四台だから、箱もよっつということらしい。
ありがたくいただくことにした。

5102みかん

なんだかKさんがどこかで笑っているような気分だ。

人生は旅に似ているという。
旅は人生そのものである、ともいう。
道すがらの思いもかけない遭遇によって旅の様相は変貌する。
あたたかいもてなしをうけると、人生観はおおきく変わることがある。
都会暮ししか知らなかったものは驚くのである。
また、人とはなにかと考えはじめるのだ。
利己と利他はそう単純に分けられるものではない。
だがたしかに、ヒトがよろこぶ姿をみると頬もゆるむというものだ。
笑顔は万国共通の手形などともいわれるように。

なかなか人情のあつい、いいところでありますなKさん。
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/770-2066df90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー