ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

しめは道後温泉
松山へはいくども来たことがある。
道後へもなんどか足を運んだ。
しかしこの由緒ある「道後温泉本館」にはいるのははじめてである。
夏目漱石ゆかりの湯ということでつとに有名である。
だからもちろん観光客が多いのだ。

1794本館

1800道後温泉

二階席の大広間から神の湯にはいる。
思ったよりは狭いが、内装はあたらしいようだ。
湯はぬるめで、ゆったりとつかるとからだがほぐれる。

温泉は成分もあるだろうが、温泉場の雰囲気に左右される。
湯上りに川沿いの道など歩くもよし、土産物屋をひやかすもうれし。
浴衣の上にどてらを着た湯客が行き交うなど風情ありしか。
そこここに湯煙りなどたちのぼればさらなり。

1810書

四国は名のとおり、阿波、讃岐、土佐、そして伊予の國からなる。
温暖なところに八十八ケ寺巡礼の地でもあるのだ。
またいずれ訪れることもあるのだろう。

1832瀬戸の夕暮れ
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/772-e6e1c7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー