ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

記憶の底
なにかを見たり、どこからか歌が聴こえてきたりしたときに、ふとよみがえる。
あるいは、そのきっかけが街角に漂ってきた食べもののにおいだったりすることもある。
どうしていまなのかわからないのだが、たしかにそういう経験はある。

5044ルミナリエ

懐かしい感情であったりもするが、にがい記憶と結びついていたりもする。
いつのまにか忘れていたと思うようなこともあるが、忘れてはいなかったのだ。
忘れていたことを思いだすとは、なんだか論理的に変だなあと考えたり。
それじゃあ忘れていないじゃないか、と笑ってしまう。

では忘れるとはなにをいうのだろうか。
やはり忘れさってはいないのではないか。

なにかを忘れているような気がするということがある。
だがなにを忘れているのかが思いだせない状態だ。
なにを忘れているのかわからないのに、なにかを忘れていると感じるとはどういうことだ。

やはり忘れた記憶がどこか深いところにあることだけは第六感が知らせるのか。
ただ、第六感はことばで表わせないということなのだろうか。

5100鎮魂
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/773-09e06a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー