ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

読む旅
今回分までは、すでに去年読んだものなのである。
いつも書くこと(読後感想)が遅れがちで(忘れてないけど)、難儀するのである。
「それなら、書くのをよせばいいじゃない」とつれあいはそっけなく言い放つ。
それでは、小生の面目が(そんなものがあるのかどうか)たたないのである。
で、うんうん苦吟しながら(ちょっと大袈裟であった)なんとかかんとか書きつづる。
ということで(そういうことです)、なんとか本稿は書けたということにあいなるのだ。
そうそう、図書館で友人の本を見つけた。手元にあるが、まだ読んでいないのだ。
図書館データを検索すると、貸出予約が数件はいっておりました。

5119Meeroの本

「老人読書日記」 進藤兼人 岩波新書 ★★★★
筆者は映画監督であり、奥さんが女優の乙羽信子さんということで知っている人もいる。
どんなことが書いてあるのだろうかと興味をおぼえつつ、目次をながめた。
西田幾多郎からシェイクスピアへ、ラスコーリニコフ、荷風の断腸亭日乗、
漱石と子規の「私」、テネシー・ウイリアムズの「私」、
チェーホフの「私」、ゲイリー・ギルモアの「私」、棄民たちの「私」、
これで、ああどんなことが書かれているのか読んでみたいなと思った。
『本というものは、求める心がなくては、いくら読んでも通り抜けるだけだと知った。』
つまり、「私」とはなにかを考えることが生きるということなのだと知る。
そのために本を読んだり、映画を見たり、旅をしたりするのだろう。
進藤さんはたまたま映画の道へ進んでいった、ということなのだと思う。
「私」は何者なんだ、を感じさせる映画は見終わったのちも余韻が残るだろう。

「どこ吹く風」 丸谷才一 講談社 ★★★
短いエッセイ集だが、なかに小沢一郎論というのがあった。
小沢一郎のなかであまりいわれていないが、その能力は言葉にあるというのである。
『ただし言葉といっても演説がうまいわけぢやない。
ぢかに聞いたことはないがそっちのほうは大したことがなささうだ。
文章の才も別にどうつてことはないだろう。
端倪すべからざるは造語力である。あるいは、他人の造語を採用する能力。これがすごい。
たとへば「守旧派」といふ新語。あれ一つで自民党を分裂させ、社会党を滅茶苦茶にした。』
なるほどね、さてこんどはどういうことになるのでしょうか。
丸谷先生に談じてもらいたいものである。

「現代人の論語」 呉智英 文藝春秋 ★★★
『論語は、読まれざる古典である。論語読みの論語知らずという諺がある。
論語の文章は読んでいるけれど、その精神がわかっていない、という意味だ。』
これはなにも論語だけに限ったことではない。
政治家の答弁など聞いていると、実にたくみに解釈しているのである。
なるほど、そうか、と感心しきりなのは請合う。科学的な見解などちりばめながら。
『科学。それは知と徳との分離である。あるいは、知の徳からの析出である。
科学的な発見者は、ただ発見者であることによって賞讃されるのであり、
人格的にすぐれているから賞讃されるではない。
人格陋劣な発見者であろうとも、その発見は発見として析出され、賞讃される。
こうした近代科学は、人類にかってなかった豊かさをもたらした。』
しかし、物質的な豊かさと精神の豊饒は両立しえるものなのだろうか、などと。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/784-c4250e65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー