ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

二月は逃げる
ニッパチなどといって、二月と八月は景気の落ちこむというか需要の低迷する時期といわれていた。
同様に年末商戦を終えたあとの一月から三月はどうしても不景気風が吹くのが実感だった。
四月の入学式のはなやかなムードまでもちこたえれば、なんとかなるだろう。
そうすれば、その後は五月のゴールデン・ウィークへと怒涛の消費が期待できるというものである。
一月はいぬ(帰るという意の関西弁)、二月が逃げる、三月は去ると商人はいいならわしたのだ。
そうやって早く過ぎ去ってほしいとの願望がこのことばにはひしひしと感じられるのである。
もちろん、二月は日数も少ないのでちょうどそんな気分になりやすかったのだろうか。
それにしても今朝はうっすらと雪化粧であるが、予報は晴れだといっていたのだ。

5164雪の朝

「終着駅」 宮脇俊三 河出書房新社 ★★★
旅行作家として有名な氏であるが、やはり鉄道好きがこうじての結果だという。
だが、鉄道マニアのなかにもいろんな型があるというのである。
『いちばん多いのは「車両派」で、鉄道趣味雑誌のほとんどは、この派を対象として成り立っている。
ブルートレインに集まる小学生などは車両派の卵で、底辺は広い。
「模型派」というのもある。車両派の系列に入りそうだが、手先の器用さを必要とするからか、
他の理由によるのか、本物の汽車には眼もくれず、部屋じゅうに線路を張りめぐらして、
自分だけの小宇宙に閉じこもる。
 それから「時刻表派」。時刻表ほど変わりばえのしない月刊誌は他にあるまいと思われるが、
毎月二〇日の発行日を待ちかねて購い、その夜は何時間も読みふける。
 このほかに、廃線跡を歩いたり、古い文献を博そ捜したりする「歴史派」、
汽車の部品や切符などを集める「蒐集派」もあるが、これはヨコ割りの分類であろう。』
ヒトは頭のなかだけでも旅できるが、経験していないと想像はひろがらないだろう。

「スーラ」 トニ・モリスン ハヤカワepi文庫 ★★★
ボトム(どん底)と呼ばれる丘の上(皮肉な言い草だ)で育った黒人の少女スーラ。
まるで性格がちがう二人の少女、奔放なスーラとおとなしいネルとはそのゆえか仲がいい。
ふつうなら、黒人の少女が主人公といえば、ストーリーが知れそうである。
だが、まさしくその逆をいくような物語りがてんかいされてゆくのである。
アメリカの片田舎で黒人として生きるとはどういうことなのか、ということが実感としてわかる。
人は同じような境遇にあっても、同じように影響を受け成長してゆくわけではない。
黒人の側から描くアメリカン・グラフィティとしてしかとらえられなかった。
知らなかったが、モリスンは1993年にアメリカの黒人作家として初のノーベル文学賞を受賞した。
ふーん、だがアゴタ・クリストフは受賞していないな(賞というものは政治的でもあるからね)。
まあ、小説などというものは好みによって評価が別れるものではありますが。

「トロムソコラージュ」 谷川俊太郎 新潮社 ★★★
ノルウェー北部の都市トロムソでの表題作が書名になっている。
『小説も誘われるままに書こうとしたことはあるが、
自分には向かないことが分かるまでに時間はかからなかった。
そんな自分の資質が「生きることを物語に要約してしまうことに逆らって」
というような行を書かせたのだと思う。
だが、人は詩だけで生きているわけではない。
歴史に連なる自分の物語を意識せずに、人生を送ることは出来ない。』
谷川氏が小説を書かないというのは、ある意味すばらしいと思う。
こうした文章を読むと、彼の人生観がまざまざと眼前にひろがってくるのである。
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/787-3e645ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー