ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

駆ける青年
地下街を歩いていると、うしろからドタドタという足音が近づいてくる。
身体を左右にゆらし、リュックはゆさゆさと上下動をくりかえす。
さっそうとはいかないが、追い越してゆく。

後姿をながめながら思うのだ。
靴のかがとを踏みつけてはくのは、不良の専売特許だったのではなかったか。

五分刈の頭はざんぎり状態で、手入れもされていないようだ。
すこし口をあけて走る姿は、緊迫感があるようでない。
角のところに停まっているバスに飛び乗るのはいつものことだ。
彼が乗ったと同時にバスは発車する。
運転士がいらついていなければいいのだが、などとも思う。

会社近くでの、みなれた朝の光景である。
ひとつ早い電車に乗ればいいのにと思うところが、年とったなということだな。
バスは埋立地にある洋菓子工場に向かうのだろう。
ゴールドの車体によく知られたロゴマークが描かれている。

若い頃にこのメーカとはちがったが、洋菓子工場でアルバイトをした。
あのころはなにを考えていたのだろうか。

2045ビル
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/788-1731df18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー