ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

明治は遠く
一夜明けて、今日もいい天気だ。

犬山にある「博物館明治村」へでかけることにする。
昔の学校、役場、裁判所、教会、商家などが、100万平方メートルの敷地に移築されている。
村内には蒸気機関車や京都市電の線路が敷設され、レトロバスも循環している。
現在の村長は、三代目で小沢昭一さんが就任している。

2777蒸気機関車

2826明治村

うす曇りのおかげで歩いてもあまり汗をかかないですむ。
油問屋の家のなかを若い女性ガイドさんに案内してもらう。
まだまだ身分制度が色濃く残っていた時代だからいろいろとしかけがある。
表立って贅沢はできないので、随所に工夫があるわけだ。

フランク・ロイド・ライトの設計になる帝国ホテル旧館の玄関部分がいい。
バリ島を思わせる様式は、なぜかのんびりとした気分をかもしだす。
こうしていっしょに旅行できるのは、めぐまれていると思う。
めずらしい景色をながめるのとはちがった楽しさがある。

2829帝国ホテル

2835噴水

2846柱

昨夜の会話が思いだされる。

「こうしていろんなところへ行けるって、考えてもみなかった」
「そうだな、若いころはみんなひとりで旅してたから」
「なんだか不思議な感じがする」
「いくらお金があっても、こうした関係は買えないもの」
「まあ、お金はないんだけどね(笑)」
「だから、せめて身体だけは元気でいなくちゃ」
「次回は、信州白馬村かな」
「雨が降らないといいけど」
「そういえば、今回は降らなかったな」
「神通力もなくなってきたかな、はっはっは」

帰りの高速道路に沈む夕陽がうつくしい。

2861帰路の夕陽
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/838-4e294434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー