ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

丹波立杭焼陶器まつり
秋になり、行楽の季節だなと思う。
先週にひきつづいて、土曜日には「丹波立杭焼陶器まつり」へでかける。

途中渋滞があったりしたが、なんとか篠山市へ。
すでに近場の駐車場は満員であった。
しかたなくすこし離れたP-4駐車場にとめる。

しばらく待って、循環の無料バスで催し会場へむかう。
好天のせいか、見て回っているうちに汗がにじんでくる。
ふたたびバスに乗って陶の里へ。

3336陶器まつり

ここからは歩きで散在する窯元をめぐるのである。
どこへいっても中高年の元気な姿がめにつく。
いくばくかの陶器を求めては満足そうな顔している。
そういう顔をながめるのはいいものである。
しばし浮世のうさを忘れる、といったところだろうか。

せまい路地をあるきながら、見るけしきは焼き物の里らしさにあふれている。
ついなんだか魅せられて気がついたら、いくつかの包みをさげていた。

3337軒先

形あるものは、いつかは壊れる。
ということで多くの器が土へと還っていった。

壊れるものだから、またいいのかもしれない。
大事にあつかっても、壊れるときがある。
それが陶器のよさともなっているのではないか。
高分子化学でできたものとは、またちがう愛着がそこに生まれる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/894-cc6c2b05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー