ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

早春紀行(二十五)因果の不思議
 今夜は不思議だ。ほんとうに不思議な感じだ、と胸のうちでくりかえした。
「この世のなかのことが、すべて科学で説明がつくわけでもありません。
あるいは、因果関係の結果として説明できるといったこともありません。
縁という言葉は非科学的な印象をわたしたちに与えますが、そうともいえません。
ただ、現在の科学の世界では捉えられないものというだけかもしれません。
もちろん、だからといってそれが正当性の証明になるはずもありません。
とりあえずわからないけど、実感していることを縁という言葉にこめているのでしょう」
 こう言って、ぼくは腕組みをして天井をあおいだ。みんなもぼくのそのあとの言葉をまっている。
呼吸する音さえも聞こえてこない。口をつぐんでぼくは黙っていた。
しばらくののち、たまりかねておおきく息をはく音がした。
みんなも一瞬ホッとゆるんで、緊張の糸がほどけていった。
「止めてくださいよ、そういうことは。息が詰まるじゃないですか。
ああ苦しかった。ほんとうにもう死ぬかと思いましたよ」
「悪い悪い、でおおげさやなあ。どこまで我慢しよるかな、なんてつい思っちゃってね。
なんの話してたのかな。忘れちゃったよ」
「そんな変な関東弁つかってもだめです。困るなあ、縁、縁の話ですよ。縁談の、縁です」
「なんやえらい力がはいってるなあ。さては、気にいった娘をみつけたな」
「なに、つまらないこと言ってるんですか。話を続けてください」
「そうやったな。つまりこういうことです。彼が言ったように、縁は大切だと思うんです」
「そんなこと、全然言ってません」
「まあええやないか、細かいことは気にしない。縁談の、縁ですね。
今後みなさんにたぶん訪れるであろう縁を大切にしたいと考えています。
そのためのささやかな機会になるんとちがうか、と考えました。
席替えといっても、馬鹿にしちゃあいけません。これで将来の運命が決まることもある。
つまり、偶然に隣にすわった人と仲良くなって、そこから交際がはじまる。
とんとん拍子に話がすすんでいって最後には結婚ということも、あながちない訳ではない。
そんなこんなを考えると、これは実に大切なゲームなんですね」
「なんだか冗談みたいな話ですけど、そんなこといままでにあったのですか」
みんなも耳を澄ましている。
「たしかにあったと聞いてます。しかしまた、別れていったカップルは数知れずとも聞いてます」
「またあ、すぐそういうことをいう。いったい、どっちなんですか」
「ぼくはなあ、誇大広告は嫌いなんや。事実の表も裏も知っておかなあかん、ちゅうことや。
耳障りのええことだけよって聞いてるような人間にはなってほしくないんや。
それに最後には別れることになったとしてもやな、当然その前には出会いがあるわけや。
げんがわるい、というなかれ。しかしおおいにありえることやとも思うで。
出会いなくして恋愛成就もこれまたないのである。
まずはその出会いのチャンスを、しっかりつかんで欲しいということです。
そやから、しゃかりきになってあっちこっちと走りまわらずに目標を定めなあかんで」
これで終らずに、ぼくは自分への戒めをこめてしめくくる。
「では人を選ぶときにはどうすればよいのか。
老婆心ながら、ぼくの意見を述べさせていただきます。まず、人は見た目で選びなさい。
自分が見て好ましいと思った人を選べばいいのです。
それであとで後悔するなら、自分の見る目がなかったということ。
諦めるしかないですな。見た目とは、自分の好みに忠実にという意味ですよ。
変な色気はださないように。そんなところに、自分がこれまでどんな人生を送ってきたか、
どんな女性観、価値観を持っていたのかが如実に表れるということです。みなさんのご健闘を祈ります」

 集う若者たちはぼくの言葉に惑うことなく、きらきらと眼を煌めかせている。
にぎやかにわきたちゆれる満座のなかで、ぼくはいつもひとりだった。

0032孤独な竹林
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/950-27adeddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー