ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

早春紀行(二十八)ロックマイソウル
 ときとして考えることは、ぼくがどうしてこの場所に立っているのかということだ。
大勢の人たちを前に、歌やゲームをしている姿はわれながら違和感がぬぐえない。
なかよく楽しくやることに異論があるのではないのだが、息苦しいことがある。
そのわけは、ぼくの深層にうずくまる何者かに由来するのだろうか。
意識がどうしても見たくないという。近づこうとして前に進めない障壁を感じる。
腹の底から焦燥感がわきあがるようで落ちつかない。
頭が考えるのではない。身体の芯からじわじわと全身にひろがるようだ。
いたたまれなさのその中で、じっと身をひそめているとすこしずつ引いていく。
潮が引いてゆくように、静かに跡形もないように消えてしまう。
とき知らず寄せてくる予感をこころの奥深くに宿したままに去っていく。

 楽しく、にぎやかにすればするほど焦燥感はおおきくなる。
だがいつかそれを乗り越えるときをこころに期して、部屋の真んなかに戻ってきた。

 おばさんの姿が大海原と台所を隔てている硝子戸越しに見えた。
ぼくの背骨に力が強く注入されている。ああ、人はなんで生きるのかがわかる。
言葉でも概念でもないエーテルのようなものが充満していくようだ。
「おばさん…」
声がすこしかすれて、のどに引っかかる。うん、と唾を飲みこんで眼を見ひらく。
「三虎ユースホステルの、ぼくらのおばさんが見てくれています。
いつも縁の下の力持ちでいてくれて、ありがとうございます。
おばさんが好きなのはぼくたちの笑顔、ぼくたちが好きなのもおばさんの笑顔。
最後に、おばさんもとっても好きだといってる『ロックマイソウル』をやります。
みんな、明るくおおきな声で元気よく歌おうぜ!」
「オウー」とおおきな声でみんなは答えてくれる。
おばさんも引っこみかけた態勢から、またこちらに向きなおった。
「この歌には三つのパートがあるので、ここにいる人数を三分割します。
まずここからここまでが、Aパートです。わかりましたか。
次にここから彼女までがEパートですよ。アルファベットが飛んでるって?
いいじゃないですか、関西弁だと思ってください。ええパートに、いいパートちゅうことや。
残った最後が重要な肝心要の、Iパートです。そういうことや、愛なくしてはならんのや」
みんなは、きらきらとした瞳をぼくに向けていた。力が出てきたぞ。
「一度歌いますから、みんな憶えてくださいよ。簡単ですから、ぼくよりも上手に歌えますよ。
いいですね、これがAパートの歌です。では歌います」
みんなは静かに耳を澄ませて、ぼくの下手な歌をこころに刻みつけていく。
音を押さえ気味に低く小さな声で歌いはじめた。なだらかに部屋に響く。

ミィーティング風景(三虎20周年)

 ロックマイソウル、みんなで歌おう、
 ロックマイソウル、みんなで歌おう、
 ロックマイソウル、みんなで歌おう、
 オウ、ロックマイソウル

「つぎはEパートの歌ですよ。歌詞がちがいますよ。混同しないように注意してください」
今度はおおきな声で、おおきな動作をともってリズミカルに歌う。
手を上から下に波のようにくねらせる。下から上へくぐり抜けるように手を動かす。
最後はおおきく輪を身体の前に描くようにして歌う。
みんなもつられて同じように手を動かして、口のなかで小さく歌う。

 高くて登れない、
 低くてくぐれない、
 広くて回れない、
 オウ、ロックマイソウル

「最後が肝心やで。ハーモニーがとれるかどうかは、このパート次第や。
Iパートはそれこそ愛をこめて歌ってや。人数も多めにしてるしできる人を選んでるんや。
わかってるやろな、こうやで」
腰を沈めて下から声をだすように、単調にメロディーにのせた歌詞を繰りかえす。
最後の、オウ、ロックマイソウルのところでは両手を肩の近くに上げて軽くこぶしを握って、
頭を右から左に反動をつけるようにふるんだ。これで格好も決まった。

 ロック、マイ、ソーウル、
 ロック、マイ、ソーウル、
 ロック、マイ、ソーウル、
 オウ、ロックマイソウル
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/955-f8473d24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー