ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

早春紀行(三十七)生意気ざかり
 ぼくたちはぞろぞろとくっついたまま中へと入っていった。
展示を見ている他校の生徒はまばらだった。展示を見るよりは周囲が気になった。
ぼくたちの好奇心がおっかなびっくりを駆逐して、頭をもたげてきたようだ。
こうなってくると、かえって落ちつくというものだ。ただし、話しかけられたりしなければ…。
「遅くなりましたけど、こちらに来てお茶を飲みませんか。
たいしておいしいかどうか、わりませんけど。じつは、家でもしたことないんですよ」
 といたずらっぽく笑いながら話しかけられると、もうやっぱり駄目だ。
「どうもすみません」
 なにがすまないのかも分らずに、ただすみませんを連発するばかりであった。
声もかすれがちだったのが、あたたかい緑茶を飲んでうるおいを取りもどした。
 まわりの友がとんちんかんな会話を続けているなかで黙ってすわっていた。
なにかを話したいとか、誰かと知り合いたいとか、なにも考えることなくただそこにいた。
 そんなぼくに小声で話しかけてくる人に気がついてぼくは現実にもどった。

0925浜の桟橋

「つまらないでしょ。こどもっぽくて、興味持てないですよね」
 あかるい表情とは裏腹なことばに、一瞬びっくりした。
「そんなこと、ないです、けどね」
「やっぱり、そう思っているんだ。いいんですよ、みんなこどもばかりですから」
「ぼくだって、こどものうちに数えられるんじゃないですか」
「そんなこと、ちっともありません」
「そうですか、でもどうしてそんなこと言うんですか」
 いちだんと声を低くして、彼女は言った。
「だって、ふつうの会話なんかしたっておもしろくないでしょ。
それに、あなたって何かほかの人とはちがう雰囲気があるんですもの」
 ぼくもつられて声を潜めながらこたえた。
「それは、あなたも同じですよ。ほかの人とは、ずいぶん違いますね。
あれっ、それってぼくが変人ということになるのかな。そうかもしれんなあ」
 ちいさく笑いながら、ぼくを手招きしてこうも言った。
「あなたが変人なら、わたしも変人ということになるんじゃないかしら。ちがうかしら」
「ぼくは変人でもかまわないですけど、あなたはけっして変人ではないですよ。
見た目もふつうだし…」
「いいのよ気をつかわなくっても、自分で充分認識しているから。
わたしは、けっして可愛い子ちゃんにはなれないし、美人でもないから」
「そんなことないですよ、わりと可愛いほうだと思いますけど…」
「無理しても駄目、言葉がなめらかじゃないわ。すぐにわかるわ」
「そうですか、どうしてわかるのかなあ。あっ、すみません」
「いいのよ、あなったって見かけとちがって、正直かも…。フッフッフ。
でも、もしかしたら単なる鈍感だったりして。ごめんなさい」
「いいえ、かまいません。でも、ぼくは鈍感をよそおう悪い男かもしれないですよ」
「それだったらほんとうは嬉しいんだけれど、どうかしらね」
「参ったなあ、あなたは何年生なんですか」
「そんなこと、なんの関係もないんじゃない。まあいいわ、二年生よ」
「ぼくも二年だけど、女性のほうが早熟だっていうからな」
「それはそうかもしれない。女は早く成熟して、こどもを産める体制になってなくちゃ、ね。
それが自然の摂理なんだろうと思うわ。それがまた悩みの種なんだけどね」
「どうして、それが悩みの種になるのかなあ」
 ぼくを哀れむように見つめて、
「どうしてなんだろうな。ぼくにもわかんない、なんてね。ハッハッハ」
 と男の子のような声音で笑い飛ばした。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/968-3aec72d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー