ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

早春紀行(四十六)蔓のリング
「そのリングどうするんですか」
「いやあ、どうするってこともないんやけど…」
なんとはなく彼女にこそ似あうと思った。
「Tさんにあげるよ」
ぼくは緊張しながらもリングを渡した。彼女は頭をとおして首にかけた。
かけた蔓のリングを見やりながら、それでもうれしそうに微笑むのだった。
「じゃあ、もうユースにもどろうか」
「そうですねそろそろもどらないと、船の時間もありますしね」

 K君は先頭にたって海沿いの道を歩きはじめた。
ポカポカとした陽光に背中を押されるかのように歩く。
いくたびとなく歩いたこの道も、なにかを記憶しているのだろうか。
そんなことが不意に頭に閃いた。なにかを、この道に落としてきたのかもしれない。
誰もがなにかを落としていく、せつない思いを残していく、そんな道でもある。
取りたてて特徴があるわけではない道ながら、なにもかもを知り尽くしている。
 擬人的に過ぎるといえばそうかもしれないが、すべての物に魂は宿っている。
アニミズムといってもいいが、なぜかそう思えてしかたがないのだ。
だからというわけではないが、あるものだけが重要であるとは言えない。
この世のなかにあるすべてのものが、その存在の意味をもっている。
意味があるなし、有益無益とは、人の立場でしかない。
人がどう言おうと、その存在すらないころから連綿とつづく生命体は存在している。
進化の流れのなかで、その一分岐がヒトになったというだけのことだ。
バクテリアは、いまぼくたちの生きる現代までへも生命を維持している。
 道が意志を持っているとはどういうことなのか。
道が記憶を備えてる、とどうして言えるのだろうか。
そう問う科学的思考と引き換えに、ぼくたちはなにかを失った。

玄関前で

「この道はなんども歩くけど、いつも思うことがあるんやな」
「それはどういうことなんですか」
「ユースに泊まる連中は、この道を必ず通らなければ三虎に行き着けない。
そう思うと一種不思議な感情というのか、考えが湧きあがってくるんや。
どこかに至るためには、必ず通過しなければならないなにかがある。
なにかを為すためには、ある儀式なり段階を経なければならない、というのと、
なにか似ているというのか、その連想がすぐに湧いてくるんやな」
「ふーん、考え過ぎじゃないですか」
「うまく言い表されてないなあ。ちょっと、言いかたを変えてみるわ。
みんなが何気なく歩いている道も、ある人にとっては特別の意味がある。
これはなんとなく分かるやろ」
「そういうことって、あるでしょうね」
「だから、あるものに意味があるとかないとかって、簡単には言えない。
もっと言うと、価値があるとか駄目だとかって即断できない。
誰もがそれぞれの人生を生きてきているわけだから、固有の価値観をもつ。
どの地方に住む人も、どんな国の人も、いろんな文化のなかで生きている。
文化が変れば、食べ物の嗜好も違うし、もちろん話す言葉もちがう。
前提がすべてちがう人と付きあうと分かっていると、その準備もできるけど、
案外そうは思わないで行動していることの方が多いのとちがうかな。
だって、人類はみな平等なんて標語が飛び交ってるわけやから」
「でも、みんな平等じゃないですか。そう思うけど。
差別する人も多いけど、人はみな平等だと思います」
「そうやで、平等や。けど、その平等の中味はなにっていうたら結構千差万別やで。
能力に応じて労働し必要に応じて分配する、ちゅう共産主義もあるし。
日本人ならさしずめ、平等というよりは同等主義やろな」
「それって、どういうことですか」
「みんな平等というのではなく、同じでなければならない、ということや。
平等から同じへといつのまにか変化しているわけや」
「平等と同じは、どう違うのかなあ。それこそ同じだと思うけど」
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/981-0b3c223f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー