ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

早春紀行(四十七)雌雄平等
「たとえばやで、男女平等です、とこれは分かるわな。
で、男女平等ですから、同じ時間同じ労働ならば同じ給与を与えます。
これはどうや。確かにそうやともいえるし、おかしいなあとも感じるやろ」
「そういわれると、そうですね。
どこかでなにかをすり替えているような感じがします。
女性にも男と同じ労働をというのは体力だってちがうから、おかしいと思います」
「それが子どもなんかにも拡大されたら、産業革命時代にもどってしまうなあ。
そうやろ、人といったって男と女、若者と老人、健常者と障害者、それぞれちがう。
このちがうという視点は、なかなか難しいものなんやで。
生物学的違っているというと、ナチスのゲルマン民族優秀説になったり、
生理的な差異をいうと、女性蔑視だとフェミニストから非難をうけたりと、さんざんなんや。
人って標語で考える動物なのかなあ、とつい思わせられるわけや。
確かにそういう面もある、とはいえるな。人はいつも考えて行動はしない、ということか。
キャッチフレーズの良し悪しが、商品の売れ行きに影響する。
これはちょっといかんなあ、話が脇道に逸れてきました」
「なにか現実は複雑なんだなあ、という感じがしてきました。
すっきりした結論を、とどうしてもわたしたちは求めてしまいますもの。
それが誘導される要因なのかな、といま思いました。
なにごとも、簡単、安易に流れると危険が待っているということなんですね」
「こういうことってそう簡単にこれが結論だ、とはきっといえないと思うな。
ケースバイケースでそのつど考える、そういう態度が大切なんやろな。
基本的には人ってみんな違うから、考えることも違うというのが前提で付きあう。
それは人権の平等とはレベルがちがう問題だということ。
誘導理論の怖いところは、そういったレベルのちがう問題を巧みに融合させてくる。
そして、上手に都合のいいような結論に導くということやろと思う。
騙されんためにはいろんな知識も必要やろし、勉強もしなければあかんやろな。
でもこれだけは忘れたらあかん、ということがある。
ヒトも動物も昆虫や植物も、細菌やウイルスだってみんなこの地球で生きている。
なんでも一番数が多いのはバクテリアらしいからな。
お互いが生命の連鎖を形成している。いまは分からないことも多いけど、やな。
と、ぼくは思ってこれからも生きていくんや。
ちょっと格好つけすぎかな。はっはっは」
「格好よすぎますよ。言ってることは、大体わかりました。
でも残る問題が、重要な問題がひとつあるんじゃないですか」
「えっ、なにかあったかなあ。いろいろあるやろけど、そんなに重要なことって…」
「それってなんですか、Kさん」
「それはねえ、忘れずにどう実行していくのかということ。
考えるだけでは駄目ですよね。実際に日々の生活のなかでどういかしていくのか。
いつも口先だけで終わり勝ちなぼくたちのことですから、ね」
「うーん、それはいつも思うことやな。これが一番難しい」
「ムッシュさん、頑張ってください。そして、また新たな理論を教えてください」

 誰かが呼んでいる。わいわいと騒がしい声が浜の方から聞えてきた。
砂浜にたくさんの連中が集まっている。これから記念撮影をするという。
集合して写真に撮られる体制をとるのだが、なかなかじっとしてはいられない。
並んだ列の後ろのほうから、前方へと崩れ落ちるような圧力がかかる。
男性陣も女性たちも、なんだか子どもにもどったようにはしゃいでいる。
カメラは三脚に据えられて、さあシャッターを押すぞとカメラマンの声がする。
ジーという音と同時に、みんなはわあーとばかりに鬨の声をあげる。
前にいる人の頭のまわりを手でおおって後光が射すようなかっこうをする。
押しあい圧しあいはしばらく中断して、ピースサインですまし顔である。
珍しく傍らにきていたおばさんは、そんなぼくたちを見て楽しそうにいつまでも笑っていた。

ユース前の浜
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/983-c6f6f972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー