ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

海津大崎の桜
瀬戸内で見そびれた桜を琵琶湖岸で見ようじゃないか。
そんな呼びかけに、たちまち呼応する仲間がまたまた集まった。

わが家は金曜日からNSH家にお邪魔して、まずは前夜宴(?)にあいなる。
博多に出張だったEND氏も夜遅くなってやってくる。
こうしていつものように夜の杯を重ねて、つかのま吐息をこぼそうという。

「言の葉は闇に棄てるものだぜ」
「御意、と思し召せ」
「さにもあらん」
「散るものはいつも美しい」

「ばかなこと言ってないで、早く寝なさい」
「は~い、おやすみなさい」

で、心配なのは明日の天気なのだ。
(まあ、多少の雨はやむをえないだろう)

梅津大崎の桜クルーズ船の乗り場に行けば、強風で出航見合わせ中とのこと。
雨まじりの風がときおり吹くなかで、結局一時間半くらい待ってついに出発。

4353海津大崎

とにかく寒くて、たいへんな天候のときに来てしまったものだとの思いがあっただろうか。
そんな不平不満も、あっというまに雲散霧消するのだから不思議なものだ。
それは、下船時にそれぞれにお詫びとともにお土産が渡されたからなのだった。
(地元近江国の陽明学者の名を冠した「藤樹せんべい」でありました)

桜もそうだが、なにごとも見る角度でちがって見えるものだ。
湖からみるのと、並木の下からみるのではこんなにも印象がちがう。

4455桜並木

4457桜の陰陽

いたるところで桜は満開でありました。
では今回の桜風景、どうぞゆっくりご覧ください。

4438桜の花弁

4485ログハウスと桜

4506手水の桜

4516流れの桜

4518椿と桜
スポンサーサイト

テーマ:真鍋島の愉快な仲間 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://moucheokuno.blog26.fc2.com/tb.php/986-ad9b006f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー