ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

手編みのマフラー
もうずいぶんと前のこと。
まだ若かった。
二十代の半ばあたりだっただろうか。

旅先で知りあって、住所を伝えたら手紙をもらった。
もらうから返事を書く。
するとまた手紙がくる。
ザ・ガードマンにでていた川津祐介の奥さんによく似た美人だった。
わたしもそう思ったが、友人のほうがよりつよく主張していた。

手紙の字はきっちりとペン習字の手本のようだった。
彼女は社会人になっていたが、幼稚園の先生の資格をとるために通信教育をしているといっていた。
そのスクーリングで関西方面にでかけるということで大阪で会ったりした。

わたしが一月生まれだったので誕生日プレゼントに手編みのマフラーをいただいた。
すっきりとしゃれたデザインで気にいった。
ときどき首にも巻いていた。
こげ茶と白のコントラストが目立つ。

そんなあるとき、おっお揃いでなかなかいいな、といわれた。
えっ、そういう利点があるんだ。
いつのまにかカップルかあ。

にっこり笑っている顔がうかんできた。

N9174昔日の関大キャンパス


プレゼント選び
苦手だなあ。
どうしてですか。

だってなにを贈ればいいのかがわからないから。
なんでもいんじゃないですか。

それがまた困る、なにも思いつかない。
なにが欲しいのか、聞けばいいんじゃないですか。

なんだっていいわよと云われたらどうしたらいい。
だったら、ふだんの言動から想像するしかないですよね。

幼い頃からそういう習慣がない家庭で育ったからなあ。
そうなんですか。

プレゼントは映画やドラマのなかだけでのことだと思っていたもの。
そうなんだ。

自分には関係ないやってずっと思ってきたけど、そうはいかなくなってきた。
プレゼントもらったことないんですか。

それがあるんだよ、だから困る。
なにが困るんです。

だってお返しというか、しなきゃいけないだろ。
まあ、そうですね。

最初はそれも知らずずいぶん恥をかいてきたものだ。
大変でしたね。

だから、バレンタインデーなんて最悪だね。
でももらうでしょ。

欲しくないとあえて放言していたら、なくなってきてやれやれだ。

N9196沈丁花


エネルギー問題
電気がないとなにも動かないな。
まったくそうですよね。

なにで発電するのがいいか、だな。
原子力は怖いですね。

まあ放射能は怖いというのが世間一般の認識かな。
なにかちがうんですか。

すこし前までは地球温暖化なんて叫んでいなかったかな。
二酸化炭素の増加が気温上昇、さらには異常気象の原因だといいますね。

原子力発電と地球温暖化対策は二律背反だな。
どっちを優先するのか、ですか。

石炭や石油での火力発電では二酸化炭素の排出量が増える。
でもしかたないんじゃないですか。

だけどそれらの資源はこのままの消費が続けば百年もまたずに枯渇するという。
だから風力や太陽光発電に転換しようということでしょう。

それでまかなえるというのは楽観的過ぎるな。
コストのアップもあるでしょうし。

N9236メダカの世界

将来の子孫のことも考えないといけないかな。
困ったことですね。

もしかして、これならいけるという案がある。
なにですか。

電気を使わない生活にもどる?
ありえないでしょう!!


オーラがある人
あの人すごくきれいだね。

そうだな。
なんか女優かモデルさんみたい。

そうかもしれないな。
だれかが言ってたけど、有名な企業にお勤めしているんだって。

キャリアウーマンってやつか。
そうだよね、憧れるわ。

いいんじゃないか、頑張ってみれば。
とってもじゃないけど、わたしなんか無理無理。

そんなことないよ。
全然ちがうわ、スタイルだっていいもの。

人は見た目が重要だからな。
そうなのよね、中身は外見に表れるっていうし。

そういうこともあるだろな。
なんかオーラがあるわよね。

そうかい、俺には見えないけど。
あるじゃない、輝いて見えるわ。

きれいとオーラは同義語なのか。
ちがうわよ。

どうちがうんだい。
えーと、オーラってのはこころが感じるものなのよ。

ふーん、男にもあるのか。
もちろん男女の別なくあるわ。

見える人には見えるということなのかな。
そうかもしれない。

つまりオーラって見る人の側にあり、オーラを信じる者にはオーラがたち現われるということだな。
なにか宗教みたいね。

N9200クリスマスローズ


化粧の裏側
ペルソナって知ってるかい。
仮面ですよね。

もともとはそうだけど、ユングの用語だな。
心理学ですね。

そう、ウチの旦那外面はいいのよ、なんて云うだろ。
学者の理論より巷間の洞察のほうがはやいですね。

つまり、学問は世間の知見を理論だてるんだな。
ペルソナをかぶる人たち、ですか。

それと化粧との関係はすぐに気がつくだろう。
そうですね、舞台にあがる前の化粧か。

世間というか社会というかね。
なにかひとつ自分の外側に壁を作れると安心する。

N4187イソヒヨドリ

それが化粧の効能だな。
薄化粧と濃いメークのちがいってなんでしょうね。

薄化粧は自信満々な女がすると思ってるんじゃないか。
そりゃあそうでしょうよ。

ならば化粧なんかしないんじゃないの。
そこは和を乱さない配慮かな。

だったら濃い化粧はどうなるんだ。
変身願望ですかね。

シュールレアリスムかなと思ったりすんだけど。
なるほど超えちゃってるんですね。

そう自己自身をも超える。
行き着く先はいずこになるのでしょうかね。




プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー