ムッシュの読書紀行
人生は旅のようだと言いますが、旅が人生かも知れません。 ぼくは活字中毒気味でもあり、旅はまだまだ続くでしょう。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

食卓で読書
小学生のころ、机もなかったので食卓で宿題をしていた。それ以外家で勉強をすることなどほとんど
なかった。勉強は学校でするもの、という意識だったのだろう。それでとくに問題はなかった。予習
や復習ということばは知っていたが、なぜか他人事であった。夏休みの宿題などどうしていたのだろ
うか。ほとんど記憶にないのである。夏休みのドリルのなかにあった蝉の鳴き声を書くページだけが
思いだされる。日記も書くことがなかった。それでもときおり、板張りの台所兼食事室にあったテー
ブルで本を読んだりした。といっても雑誌の付録やなにかでほとんど内容など憶えていない。そんな
小学生時代だったなあと追想しながらダイニングのテーブルで本を読む。どうして机があるのにここ
で読むんだろうか。机だと落ち着かない。いかにも本を読んでるって感じがして。なんか大げさなの
が嫌なんだろうか。それとも、貧乏性の症状があらわれているのか。どちらでもいいんだけど。

N9474ガクアジサイ

「グレート・ギャッツビー」 スコット・フィッツジェラルド
                       村上春樹訳 中央公論新社 ★★★★

この本のことはずいぶん前から知っていた。ただ有名な書名だけでストーリーは知らなかった。この
たび読んでみて、若いころであればわかない感慨もあると思った。人の数だけ人生があり、それぞれ
が劇的といえば劇的なのだ。平凡と非凡。なにをもって判じるかはいまもってわからない。希少価値
というのもあるが、つまりは相対的だということになる。世界にひとつだけの花、という言い方もあ
る。はじめて聞いたときは当たり前じゃないかと思ったが世間の受け取り方はちがった。すべてはひ
とつしかないではないか。逆におなじものというのはヒトの脳内にのみ存在するからだ。だが、そう
いう意味ではないのだということがすこしづつ分かってきた。個性をのばそうという風潮とすこし似
ているように思う。個性は自分で判断するものではない。他人の評価である。もっといえば、個性の
ことなんか考えて個性など伸ばせるわけがない。それで伸ばせることができるものは「奇をてらう」
ぐらいのことだ。個性をのばしたいと思うなら、個性のことなど忘れるしかない。この逆説がわから
ないなら、問題外だ。個性個性という人間に個性的なやつなどいない。個性は価値ではない。変なや
つ、偏執的性格、ストーカー気質、天才肌、従順、ひきこもり、すべて個性的ではないか。とりわけ
個性的だと判断されるようになれば、入院するしかないかもしれない。その手の病院には個性的過ぎ
る人たちばかりが暮らしている。なかには天才がいるかもしれない。しかし、凡才にはその天才が見
抜けない。時代がくだって、やっと彼らは天才であったと評価されるのかもしれない。そういう人に
あなたはなりたいのか。否、なりたいと思ってなれるものは天才とはよばないと思うのだが。
『ギャッツビーは緑の灯火を信じていた。年を追うごとに我々の前からどんどん遠のいていく、陶酔
に満ちた未来を。それはあのとき我々の手からすり抜けていった。でもまだ大丈夫。明日はもっと速
く走ろう。両腕をもっと先まで差し出そう。……そうすればある晴れた朝に――』
ここで物語りのあらすじを書こうという気が起きない。うまく書けそうにもない。読んだ人それぞれ
が描く「グレート・ギャッツビー」がありそうに思うのだ。村上春樹氏が訳者あとがきで書く。
『もし「これまでの人生で巡り会ったもっとも重要な本を三冊あげろ」と言われたら、考えるまでも
なく答えは決まっている。この『グレート・ギャッツビー』と、ドストエフスキー『カラマーゾフの
兄弟』と、レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』である。』
そして一冊なら、この「グレート・ギャッツビー」を選ぶというのである。人さまざまでもある。

「脳はなにかと言い訳する」 池谷裕二 祥伝社 ★★★★
脳はいろんな立場・分野の人たちが研究している。それらの人たちは脳科学者とよばれることもある。
わたしが思うに、その中では養老先生がいちばんである。だが、もう高齢でもあられる。次なる若手
はと考えるとき、まっさきにうかんでくるのは池谷さんだ。語り口はやさしい。文章も平易だ。おま
けに論旨にまざりけがない。変な用語を頻発することもなく謙虚な姿勢がいい。学究肌らしく研究に
あけくれている様子がうかがえる。諸外国の論文にも精通しておられるようだ。ところで本書の書名
にあるように脳はつねに論理をつなごうとするようだ。それが多少の無理矢理感があったとしても、
なんとか道筋をみつける。ことわざにもある。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」などと。それはさてお
いて、こんな文章を発見(?)いたしました。
『神経細胞は、生まれたときがいちばん多く、加齢とともに減っていく、と言われていました。厳密
に言えば、これは正確ではありません。神経細胞の数は、確かに生まれたときがいちばん多いのです
が、二歳ぐらいまでに、七割ぐらいが消えてなくなり、その後は一生の間ほとんど変わりません。一
秒に一個ずつ神経細胞の数が減る、とよく言われるのは、生まれたときと死ぬときの神経細胞の数を
直線で結ぶと、徐々に減っていくように見えるからでしょう。しかし、実際には、そういうことはあ
りません。
 神経細胞に限らず、生命体は、とりあえずたくさん作っておいて、優れたものだけを生命の維持や
子孫繁栄に使い、それ以外は不要なものとして、捨てたり殺したりすることをやっています。精子や
卵子もそうですし、免疫細胞もそうです。脳もご多分に漏れず、ネットワークを作りそこなった神経
細胞や性能の悪い細胞は不要なので、排除してしまうようなのです。』
なるほどね。勘違いしておられた方は多いのではないでしょうか。たとえばヒトの指は徐々にのびて
手の形になるのではなく、ミトンのような形状がまずあって指の間の細胞が自死していって手の形に
なるわけですね。この細胞死はアポトーシスとよばれています。ヒトはそういうやり方をよくするよ
うです。もうひとつこれはおもしろいなと思いました。
『とりわけ私が注目に値すると考えているのが「血液型」である。A型、B型などの血液型は遺伝子
は遺伝子そのものが違うからである。この遺伝子は赤血球の表面のタンパク質に糖鎖を付ける酵素を
コードしている。つまり、赤血球の表面のザラツキ具合が血液型によって異なるのである。となれば
当然、毛細血管の血球の流れやすさが異なり、酸素供給率に影響があることは想像に難くない。実際、
癌の発症率など、血液型によって差があるものがいくつか知られている。
 さて、血液型によって「人格」は異なるであろうか。A型は几帳面で、O型はおおらかで、B型は
個性的などという分類はしばしば耳にするが、いずれも根拠は不明瞭である。ただし、血の巡り具合
が違うのであれば、脳の生理作用に差があっても不思議ではないと考える人もいるだろう。』
科学も切り口ひとつでちがった面を見せてくれるんですね。斬新な理論を期待しましょう。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

どっちが大事か
わたしと仕事、どっちが大事と女性が訊いたらどう答える。
どちらが大切という問題ではないんだろうけど、それなら三パターンほどある。

(まじまじと女性を見つめるね)
(なに考えているんだろう、この人)
そんなの君に決まっているじゃないか、と素っ気なく言う。

(まず、面倒くさいやつだと断定する)
(でもかわいそうだよな、同情いたします)
うーん、どちらも大事だが、やっぱり君かな、とにっこり微笑む。

(なにか深刻な悩みを抱えているのだろう)
(まずは精神の安定が必要だろうな)
ガシッと抱きしめて、だいじょうぶだ俺がついている。

そんなこと言うんじゃないかと思ったわ。
でもなにが聞きたいのかがわかっていないわよね。
わたしが大事、と言われたいわけじゃないの。

つまり、試しているということかい。
そうよ、男としての度量・覚悟をね。

だけど、比較論でくるところがなんだかうんざりするんだよなあ。
男はつらいね。
それを言っては駄目。
女こそもっとつらいのよ。

N9491花咲く


ヒトは見た目 Ⅳ
ボディランゲイジといえば丹頂鶴の求愛ダンスを思いうかべるね。
あれ、優雅ですね。
鳴き声もともなっているよね。
そうですね、テレビで見たことあります。
ほかにもトゲウオの求愛ダンスもあるし、婚姻色というのもある。
いろいろなサインが自然界にはあるんですね。

お猿さんのお尻が赤くなるのも受胎可能というサインだから。
そうなんですか、恥ずかしいからかと思った。
冗談だろ。
わかりましたか。
わかるだろ。

N9489アジサイ

でも、ヒトが赤面するっていうのはどういうことでしょう。
交感神経優位になるストレス反応だろうな。
つまりどういうことですか。
その場から逃げだしたくなる(逃走反応)、
あるいは逆にそんなことないですよと反論する(闘争反応)。
なるほど。
そのために血流が増加して皮膚下の血が透けてみえるということ。
いろいろあるんですね。

そう、進化のなかで動物はいろんなコミュニケーションの手段を獲得してきたんだ。
ことばは便利だが、それだけでは伝わりきらない。


ヒトは見た目 Ⅲ
ボディランゲイジも見た目のうちだろうな。
そうなんですか。

人はことばで伝えるより以上に身振りに注意がはらわれている、そういう実験結果があるそうだ。
ことばよりも、ですか。
そりゃあそうだろ。
ことばを持たなかったころは身振りなどで意思疎通をはかっていたんだろうから、起源は古いよな。
それはそうですねえ。
自分では気づかないけど、けっこうボディランゲイジを使っているんだよ。
あまり気づいてないですね。

テレビなどのインタビューなどでも気をつけて見ているとそれがわかるよ。
逆もまた真ですね。

警察の取調べなどでも、尋問するときにことばによる返答とともに
そのときに現われる身体言語、つまりボディランゲイジに注目している。
そうなんですか。

ことばと反対の表明をしている、なんてミステリにはよくでてくるよ。
返答には注意しても、身振りにはほんとうのことが現われているということなんですね。
隠そうと思っても隠せない。
悪いことはできませんね。

N9461アナベル


植物園で読書
園をはいってまっすぐに歩いていくと池につきあたる。水面を葉が覆っている。欄干にもたれて水面
をながめる。ところどころにコウホネの黄色い花が咲いている。トンボがどこからか飛んできて、ど
こかへ去っていく。二重連になって飛ぶのもいる。睡蓮の葉にいるのはお相手をさがしているのだろ
うか。じっと見ていると、ついとあらぬ方向へ飛んでいってしまうのだ。水辺のベンチに腰かけて、
頭のうしろで手を組んでぼんやりしていた。空には積乱雲がもくもくとたちのぼっている。まだ暑さ
もそれほどではない。木陰をわたる風がここちよい。本を読むならこんなときだな。すこし読んでは
かたわらに伏せて置く。どこかはるかな地でもこうして本を読んでいる人がいるんだろうな。どんな
本を読んでいるんだろうか。まったく思い浮かばないが、それでも楽しい気分にはなる。蜂がどこか
らかブンブンと飛んできて、なぜか文、文と聞こえ、おかしくなってひとりで笑ってしまった。

N9465睡蓮の花

「失踪」 ティム・クラベ 矢沢聖子訳 日本放送出版協会 ★★★★
この本はサイコ・ミステリとよばれる分野なのだそうだ。ミステリとは、フィクションでは推理小説
のことを指すことがおおい。だが、神秘、不思議という意味でもつかう。まさしく人の心理は神秘的
でもある。さらにサイキックな人物ともなれば、常軌を逸する感覚に支配されているのだろう。そこ
がまた興味をひかれる点でもあるのだが。だからかどうか、ストーリーはすっきりと解決というよう
にはならないのだ。そこがまた、ある種の魅力でもあるのだろう。人生も同様で、きっちりと割り切
れることのほうがすくないのではないか。そう思えば納得できる結末でもある。
レックス・ホフマンとサスキア・エイルベストはバカンスを楽しむべく車で地中海へと向かっていた。
とあるガソリンスタンドに止めたとき彼女はトイレに行くと言った。ついでに冷たい飲み物も買って
くると。ところがいつまで経っても帰ってこない。だれに聞いても知らないというばかりだ。そこで
消息はぷっつりと切れた。一方で、レイモン・ルモルヌは青年時代から着々と女性を誘拐する手段、
手だてを実行するシミュレーションを重ねていた。それはなんどもなんども。結婚して子どもができ
てからも、ただ仕事をこなすように淡々と。
レックスはサスキアのことを忘れてはいなかった。いろいろと探した。さらには大枚の金を使って新
聞広告をだした。するとある男から「新聞で広告を見ました」と連絡があった。レックスは彼つまり
犯人であるレイモンに会ったのだ。なぜか彼が犯人だと確信したが、確かめたかった。
『「「死んだんですね、彼女は?」
「ええ」
「やっぱり」レックスはつぶやいた。
 男は芝居がかった様子でじっと前方を見つめながら、両腕をまっすぐのばしてハンドルを握った。
何度も鏡を眺めながら、どんな表情をつくるべきか練習を重ねたとでもいうような感じだ。話す言葉
も、まるであらかじめ考えて暗記していたようだった。突然、レックスの心から、この数年募るいっ
ぽうだった不安が嘘のように消えた。彼がなによりおそれていたのは、サスキアを誘拐した犯人が死
んでしまって、すべてが永遠の謎になることだったのだ。』
ここから先ストーリーがどう展開していくのかは、書くことができない。いままでとはちがう。それ
がサイコ・ミステリとよばれる所以なのかもしれない。

「指からわかる男の能力と病」 竹内久美子 講談社+α新書 ★★★★
世になかにはいろんなことに興味をもつ人がいる。本書のテーマについてもそうだ。しかし科学者は
それを万人にデータ論証しなければならない。世のなかにおこる現象は、すべてなんらかの原因・結
果という連鎖がある。これについては、異論もあるがおおむねそう考えていいと思う。しかし現実的
には、それらがすべて単純な式で表されるということにはならない。ここに思い違いが生じる。なん
らかの因果関係があると仮定することはできる。できるが、それらをすべて解き明かせるかというこ
ととは別問題である。量子理論が代表的なものだが、解は統計的な意味しかもたないということにな
る。竹内女史が気にする男の指の問題もそれと似ている。なぜ女が男の指に惹きつけられるのか。な
んだか恥ずかしくて言いだしにくいには理由があった。受精卵が細胞分裂を繰り返しながらその動物
らしい形になっていく発生の過程で、Hox遺伝子がその形づくりを担っていることがわかってきた。
染色体のある領域に一〇個くらいのHox遺伝子がずらりと並んでいる部分がある。その終りに近い
Hox遺伝子ほど末端部分、つまり生殖器や腕や脚でいえば末端である指をそれぞれ担当している。
ほぼ同じメンバーが担当しているのだから指を見れば、生殖器の出来栄えがある程度想像できるとい
うことになる。そういうことがあるので、知ってか知らずかなんだか恥ずかしいとなってくる。こう
いうことを研究した人はもちろんいます。その研究によると、身長でもなく体重でもなく、指とペニ
スとの間に一番強い相関が現れたという結果になった。「相関」であるからあくまで傾向なのだが、
やはり気になる。その他いろいろと紹介があるのだが、それ以降では指比による。この指比となにか。
『指比とは、「薬指の長さ」に対する「人差し指の長さ」の比。要は「人差し指の長さ」割る「薬指
の長さ」で、基本的に右手で測ります。指の男女の差がより大きく現れるのが、右手であるというの
がその理由のようです。
 また、手の甲の側でなく、手のひらの側で測り、それぞれの指の付け根にあるしわ(薬指ではしわ
は二本あっらりしますが、その場合は手のひらに近い方)の真ん中の点から指先までの長さを測るの
です。』
この指比なのであるが、男の場合、値が低いほど、男性ホルモン(テストステロン)のレヴェルが高
い傾向にある。女性の場合は、値が高いほど、女性ホルモン(エストラジオールなど)のレヴェルが
高いという傾向があるということだ。つまりふたつの指の長さに差があるほど男らしい。女性は二本
の指に差が少なければ女らしいということになるのだろうか。しかしこんなこともわかってきている。
『女性ホルモンの代表格である、エストロゲンには、女としての魅力を演出する作用があることはも
ちろんです。しかし一方で、エストロゲンの構造が少し変化した物質には、恐ろしいことに強力な発
ガン作用があります。DNAの塩基にくっつき、遺伝子に傷をつけてしまうのです。
 このあたりの事情は、男性ホルモンの代表格であり、男の魅力を演出する、テストステロンが同時
に免疫を抑制するという恐ろしい働きを持つ現象とよく似ています。』
なにごとにも功罪ありで、そううまくはいかないようになっている。天は二物を与えず、でしょうか。
いろいろと気になる方は是非ご一読ください。気に病むというのが一番よくないようですから。


テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌



プロフィール

ムッシュ

Author:ムッシュ
島を旅するときが楽しいですね。
遠くに眺めるのも好きです。
楽園なんてないんですけどね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー